ブログでクビにならないガイドライン
CNET JapanからEFF、ブログでクビにならないためのガイドラインを発表は、社名を名乗ってブログを執筆する責任を改めて感じる内容です。以前Googleの社員がブログをネタに会社をクビになったのは記憶に新しいですね。論惰な日々の畑中さんネットは新聞...の湯川さんJ考現学さんなどが関連の内容で書かれている。佐賀新聞社にはブログに関する明確な規定はありませんが、私のこのブログに関しては管理職以下皆さんよく読まれているようです。社内でも「iPodの調子はどう?」なんてよく聞かれたりします(絶好調ですよ)。メディアブロガー数人には直接メールで話を聞きましたが、どの方もうち同様ほぼ「黙認」のようです。会社的にもお堅いメディアの広告塔としての役割を、社員blogが果たしていると考えているのではないでしょうか。

とはいえ確かに猫一匹に対して攻撃を仕掛けた場合でも、相手が運悪くクラスター爆弾だった場合は会社に飛び火する可能性も無くはない訳です。リーマンである以上、社業に迷惑をかけるわけにはいきません。妙な人が「全面禁止」と騒ぎださないうちに、うちもある程度明確な規定を設けるべきかなと考えています。考え方としては
1.社名を出さずに個人として運営
2.会社公認で社員ブログとして運営
3.現状維持
になると思います。上記のガイドラインに沿えばまず3.はないなと。2.はこのサイト(猫手企画)は佐賀新聞HP内に移動し、このスタイルで続ける形。しかしそれなら、若手記者とかの方が気の利いた文章になるでしょうし、読者の引きも強いんじゃないでしょうか<ガンバレ! そう考えると私的には1.を選択する事になると思います。プロフィールは「佐賀県にある某地方紙の広告関連のデザイナー」となるんでしょう。まぁ既にこの半年でバレバレですけど(^^)
[PR]
by nekotekikaku | 2005-04-20 05:54 | @新聞屋
<< また余震が:みやき町で震度5弱 反日デモ:こんな構造なんだ(^^) >>