ICBM vs 猫パンチ
たかが猫1匹のためにICBM(大陸間弾道ミサイル)が着弾してからはや10日。世界が身近になった事を感謝すべきか、瀕死で繰り出した右アッパーの猫パンチ。そもそも大国の前ではあまりに非力かつ相手の戦力は非公開、果たして届いているのかも不明。それもすべては水面下の争いなのだが。

う〜ん、うまくないなぁ...
[PR]
by nekotekikaku | 2005-03-23 11:49 | @新聞屋
<< アライアンスの時代:Micro... アンガールズも佐賀で地震体験 >>