死のブルースクリーンからPCを救うiPodソフト
情報古いですが...面白そうなので。ITmedia PCUPdatePCを救うiPodソフトで紹介されているのはiPodに入っているLinuxでノートPCを1時間ほどで復旧すると言う「One-touch Rescue & Recovery On Linux」というソフト。昔のノートンさんが自ら実行してくださるみたいな感じでしょうか。ペベリンスキーさんのところでもiPodLinuxを動かしてましたが、iPodとLinuxは案外相性がいいのでは。インターフェース次第ではNASや持ち運べるWeb&メールサーバー(怖い?)とか出来そうです、と使いもしないで勝手なことを言ってみる。本当のところ欲しいのはNewtonOSくらい軽くなったMacOSXがiPod用に出る事なんですけど。

本も読めるしプレゼンも出来る、現にiPod Photoをデザイナーがポートフォリオ代わりに使っているとの話も聞いたりして。じきにノートブックを持ち歩く営業さんが減るかもしれませんね。えっ、新聞も?
[PR]
by nekotekikaku | 2005-03-21 13:01 | @デザイン屋
<< 気をつけて!地震オレオレ詐欺 イポド Mini? >>