旦那様は朝帰り
東京からのお客さんと飲みに行って、熱いトークに気がつけば朝の4時。終電はすっかり終わり、仕方なくインターネットカフェでDVD三昧。ドリンク飲み放題&足湯つかり放題でかなり快適。わざわざ泊まりに来ようかいな。

宇多田旦那の「キャシャーン」は超リアルCGアニメと言った風情でオタ丸出し。ギミックに凝りすぎてストーリーが見えない上にカットがいちいち冗長。キューティーハニーくらいぶっちぎれてるとかえって笑えるのに。及川ミッチーはどこに出てもアニメ臭いのではまり過ぎ。宮迫うまい。

「ゼブラーマン」もマンガの方が好きだなー。CG使っちゃうと安っぽく見えるよ、最近見慣れちゃったから「あーあ」って感じ。「ジョゼ」もあのシーンでCGはいっちゃって覚めちゃったし。最近やたらサーカスやら中国雑技団がやってくるのも、みんなリアルな感動が欲しいんじゃない?体張っていこうよ。しかし哀川翔は名優です。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-03-19 10:21 | @日常屋
<< 後半20分0対0 ドラえもん:いよいよ見(聞き?... >>