消えた「Google X」
b0020765_14404682.jpgCNET Japanからグーグル、Mac OS X風の新インターフェースを公開と思ったら「Google X」ページ、さっそく行方不明になんじゃそりゃ?Super shuffleといい、Longhornといい、やっぱりMacってCOOL!ってみんな思ってるんですね。ただ、最近のあまりの丸パクリ度はいかがなものでしょうか。Apple以上の何かの見た事のない価値を提供するんだったら分かるけど、たいてい+FMチューナーとか機能増強ばかり。それじゃ一時期何にでも計算機と時計がついていた頃のNIES製品や、数えたらボタンが100個あるうちのリモコンと変わらないじゃん。

いかにシンプルに使いやすく、いかにCOOLにすべきか、製品作りにそんな思想(ポリシー)が見えるから割高でも身銭を切ってMacに投資してきた訳だ。私的に使いづらいながらも頑としてMacのマウスは1ボタン。だからといってMacファンをやめたりはしない、そんなポリシーを支えている気概が(Appleに届いているか分からないが)あるから。逆にフォロワーがその思想に乗っかるだけなら、永遠にAppleのケツ持ちだよ。ドラクエもどき、バーチャファイターもどきばかり量産したゲーム業界は今ツケを払っている。楽だけど、作り手としてそれで楽しいか?あんたのポリシーはどこにあるのか。

と、書いておきながら↓memopad。やっぱりみんな単なるAppleバカなだけじゃん(^^)
[PR]
by nekotekikaku | 2005-03-17 14:39 | @デザイン屋
<< 人権法案:新聞協会が声明、に思う わらしべ長者再び? >>