人権擁護法案:メディア規制条項は凍結
時事通信報Yahoo!ニュース
メディア規制条項は凍結=人権擁護法案、5年後見直し
それ以外のきな臭さは相変わらずですか。

一方C-NETのネットへの選挙資金法の適用で、ブロガーの言論の自由が危機にではブロガーがあやまって選挙運動サイトへのリンクを張ってしまったり、候補者のプレスリリースをメーリングリストに転送してしまい、気付いたら罰金を課されていた、という事態を招きかねないと指摘している。News.com読者が「ブログは放送であり、定期刊行物でもあるから、報道の自由で保護されるべきだ」と主張しているが、日本政府はブログないしリンクをどのように定義しているのだろうか。すでにメディア化しているブログも多くある事実、記事を持ち寄って成り立っている構造をどう切り取るのか。お役所仕事で全部規制!とするのは断固阻止しなくては。

基本的にこの人権擁護法案、凍結ではなく潰さなくてはならない。思想統制に繋がるいちいちきな臭〜い法案なのだ。全部規制!されちゃいますよ。気にしてますか?

高田昌幸さんの札幌から  ニュースの現場で考えることに詳しい。人権擁護法案関連のリンク有り。見るべし。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-03-08 22:59 | @新聞屋
<< 電話は保険的インフラ 団藤さん... >>