U2 ボノが世界銀行の頭取?
VIBENEWSによるとU2 ボノが世界銀行の頭取の候補に挙げられているのだそうです。
U2のボノが、世界で最も重要な国家職務の1つに推薦されたという。USの一流新聞、ロサンジェルス・タイムズ紙より、世界銀行の頭取の候補に挙げられたボノ。同紙の社説にはこう書かれている。「広角のサングラスと過剰なまでの最先端ぶりに騙されてはならない。ボノは世界で最も発展の遅い国の人々を苦しめる問題を詩で鋭く表現している」。ボノの慈善活動、とりわけ第三世界の負債を取り除こうとする活動が、同紙がこの職にボノを推薦する原因となったようだ。なお、頭取のポジションは5月に空く予定だが、ボノはUKの大蔵大臣を務めるゴードン・ブラウンとこの枠をめぐって激しい争いを繰り広げることとなりそうだ。CNNマネーの報道によると、ロサンジェルス・タイムズ紙の社説ページを担当する編集者アンドレス・マルティネスはボノの推薦に関して“全くもって真剣”だと主張しているという。ボノはこの件について今のところコメントを発表していない。(NME)
ボクの大好きLoveFMのAnnaちゃんも「ええっ?」って感じで伝えてましたね。“全くもって真剣”ってところがどうも真剣臭くないと言うか...。

しかし、前も書いたかもしれませんが、米国では選挙に必ず広告代理店が絡むためロックスターの政治参画が非常に盛んで、先の大統領選でもスティービーワンダーなど名だたるアーティストがケリー候補の応援コンサートに参加していましたね。日本では文化的に受け付けないと言うか、何か違和感があります。強いて挙げれば鈴木宗男元議員を応援する松山千春くらいでしょうか。

まあ”真剣に”ボノが世界銀行頭取に選ばれれば、かなりロックンロールな政策を打ち出すのではないかと少々期待しています。どんな、と言われると困るんですが。

追記:c-netでC・フィオリーナ vs U2 ボノ--世界銀行総裁に向いてるのはどっちという記事が掲載されています。協調性においてのMichael Capellas vs Frank Sinatra対決を見てもボノの勝利?
[PR]
by nekotekikaku | 2005-03-07 12:10 | @日常屋
<< 本命登場:Googleデスクト... iPodサザエさん >>