GBの次はTB
yahooやlivedoorがblog容量を2GB(ギガバイト)にして話題になったのがつい先日。ここへきてgooブログが有料だが1TB(テラバイト:ギガの約1000倍)まで保存可能になったようです。うちの社内サーバーですら50GBなのに1TBに個人が果たして何を入れるつもりでしょうか。gooのスタッフブログには「孫の代まで付き合えるブログサービス」なんて言ってますが、ブログというサービスは前にも書いた様にサーバーに非常に負荷が掛かるもので、この容量の増強もふくめ各社体力勝負になってきたなという印象です。その先のどんなビジネスモデルを目指しているのか注目しています。でないと単なるインフラ貧乏に陥りそうな勢いですので。

そういえば先日書棚を整理していて10年以上前のMacintosh専門誌を見つけました。「大容量500MB!」なんて見出しにニヤリ。でもそれで当時は仕事ができてたんですよね。フロッピーあたりにこまめにバックアップ取りながら、イラストレーター3.2を駆使してグラデーションを描いていた頃が懐かしい。容量が大きくなれば、スピードが速くなれば、その分仕事が楽になるかと言えば決してそうではありません。その分解像度の高い画像を使ったり、重めのフィルターを使ったりで、結果的に仕事は楽になったとは言いづらいですね。走りの良い車に乗るとギリギリまで攻めてしまう様なものでしょうか。コンピューターは仕事を楽にしない、高速で処理するだけだと誰かが言ってましたっけ。

そこで思いつきました!社内の画像受け渡しをここでしてしまえば、社内サーバーにゴミがたまらないじゃないか。技術部に迷惑もかからないし。ただ、デザイナー的にはGIF、JPEG、PNG形式で、最大1MBという制限は少々きつい。できればEPSもしくはTIFFで最大50MBまで、なんてことにはならないための制限付きなんでしょうが。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-02-23 20:26 | @デザイン屋
<< New! New! iPod その後 インフルエンザでした。 >>