LoveFM と LastFM
最近気になるFM局を2つ。

2年ほど前にCDチェンジャーが壊れてから、車の中のBGMはずっとLoveFM(九州国際FM)です。裏番組に世代な番組KBC「PAO~N」があっていてもついついこちらを聞いている。月〜金の昼を担当しているAJのAnnaちゃんがとてもかわいい。5時間に渡ってさまざまな曲やトピックスを紹介するのですが、決して嫌みなくゲストの意見に素直に感動する姿は聞いていてとても心地いい。選曲も今話題のツボを押さえていて、新しすぎず古すぎず私の様なおやじにも拒否反応が出ません。特定のファン(河童の家来さんって誰なんだ)もついているようで、FMコミュニケーションのかがみの様な存在です。

一方、セグウェイで有名になった神田さんのサイトで見つけたLastFMは自分の好みのアーティスト、楽曲を登録し、自分だけの放送局をiTunesのネットラジオで聞けるというオンデマンドFMと言えばいいのでしょうか。自分の好みをlove(好き)skip(嫌い)ban(2度と聞かない)で迷惑メールフィルタの様に鍛えていくことで、メディアも元データも余計なDJもなしでかつ好きな曲だけ聞き放題の環境が出来上がるというのです。車載iTunesと鷹山の様な定額無線ブロードバンドが実現すれば、CDチェンジャーは必要なくなるでしょうね。

ゆるやかなコミュニケーションと先鋭化するセグメンテーション。好対照の2局ですが、どちらも私を幸せにしてくれています。同時に聞く事はあり得ませんが、どちらか一つにしぼる事もない様な気がします。ここらへんに何かヒントがある様に思うのですが。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-02-14 20:02 | @日常屋
<< 新聞デザイン論について 同じ日に2つのケータイ参入話 >>