PBにほれぼれ〜
b0020765_10461878.jpgうた夢さんからいただいたPowerbook190csが昨日届いた。(うた夢さんありがとう!)
このころのMacはプラスチック製のオブジェとも言うべき美しさ.ほれぼれしてしまう。
IIciを所有していた事があったが、ほとんどネジもなく完璧に組まれた内部設計に恐れ入ったものだ.それに比べてdos自作機の中身と言ったら、鉄骨むき出しのプレハブ小屋みたいで何とも無惨ではないか.

機械としては既に終わってしまった感のあるスペックだが、そんな当時でさえMacには夢があったように思う.世界がみるみる近くなる興奮を味わせてくれたし、手間さえ掛ければ今と変わらないクリエイティブも可能だ.それから10年経ってマシンスペックも上がり、ブロードバンドが浸透し世界と繋がる夢が現実となった今、次の10年後の夢をどのように見せてくれるのか、ますますAppleから目が離せない.少なくとも今でもiPodやiTMSなどにワクワクさせられ続けているのだから.
[PR]
by nekotekikaku | 2005-01-18 10:53 | @デザイン屋
<< iモード向け、世界最小フルブラ... 地方紙はデザインで変革できるか1 >>