まんべくん死去 8歳
炎上商法により焼死、とのこと。相変わらずkyoto-npと見間違う虚構新聞は、情報とネタのバランスが素晴らしいですね。

■過激な毒舌に定評、まんべくん死去 8歳:虚構新聞

書き込み自体をエム社というところに外注していた様で、使用許諾権を禁止し、まんべくんツイッターは中止とのことですが、外注=丸投げ=責任転嫁になっている組織構造に問題はないでしょうか。少なくとも長万部町長のコメントに当事者意識があるようには見えません。ネットコミュニケーション=面倒くさいことと捉える行政、そこで貧困ビジネスを行うネットコンサル、その蜜月が生んだ悲劇でしょうか。まんべくんというキャラクターに罪はありません。

そして、削除となればこれまでのフォロワーとのコミュニケーションが全てなくなってしまいます。都合が悪くなると消す、逃げるというのが一番悪い対応ではないかと経験上思うのですが。最近共同通信のてくにゃんや、佐賀県知事のツイッターなど、オープンなイメージをうたいつつ、一方的にコミュニケーションを切ってしまう「あーあ」と思う事例が続いています。そんな中で、8月からの武雄市HPのfacebook化はどうなのか、うちの記者がその功罪については取材しているみたいですので、近々Life面あたりに載るかもしれません。

佐賀新聞でもひびのというSNSを運営していますが、輪転機を地元に据えている「逃げない」メディアだからこそ、責任をもって地域コミュニケーションの橋渡しが出来ることもあるのではと思っています。運営者は大変みたいですけど、ぺーぱくんともども頑張ってね。
[PR]
by nekotekikaku | 2011-08-17 11:16 | @日常屋
<< Socialはフロー、Blog... 庭木手入れの楽しみ >>