サンタ町をゆく
昨日は子どもを喜ばせようとサンタスーツを着て、プレゼントを持って帰宅した。
サンタを出迎えた子どもは文字通り皿の様な目。
プレゼントを渡し、2階から旅立った事にして即着替え。計画は大成功だった。
これで6歳ぐらいに悪ガキから入れ知恵されるまでは信じているだろう。よしよし。

その525円のサンタスーツを着て、プレゼントの大袋を持って、会社から家まで通したのだが、女子高生にモテるモテる。そのまま電車とタクシーで家まで帰ったが、道ゆく人にも少しでもハピネスとサプライズを与えられただろうか。ぺーぱくん着ぐるみが出来たら真っ先にかぶってみたいものだ。
[PR]
by nekotekikaku | 2004-12-25 16:10 | @日常屋
<< ヘリが落ちている... イヴの告白 >>