払ってから文句を言おう
NHKの言い訳会見に皆さんあきれ顔の様子。ため息も出ませんぜ、だって視聴者に失礼だろ、2時間ちょいの時間を使って、集めた受信料使ってまで自分の言い訳するのは。国営放送ですらない企業体が曲がりなりにもお金をいただいて、払った視聴者に適正な番組を提供するという、非常に当たり前の事を怠っていることに腹が立つ。

だが、もっと腹が立つのは受信料支払い拒否をする人たち。受信料を払っていない限り、正論をどう言おうがあなたたちはタダ見なのでは。NHKが税金で運営されているならまだしも、払った分しか返してくれないのが資本主義企業の法則でしょう。気持ちは分かるが、文句を言いたいのなら払ってから言えば良いのでは? 決まりを守らない人に文句を言う資格はない。私は文句が堂々と言えるよう、先月から(!)受信料を支払っている。子どもはシールをもらって大喜びだ。

俺は客だ!責任者出せ!と私は言えるのだ。あなたは?
[PR]
by nekotekikaku | 2004-12-21 00:56 | @新聞屋
<< それは痛風のように 餃子と牛乳はA定食 >>