55円のカップ麺
b0020765_1621520.jpg先日近所にオープンしたTRIALの売りである、55円カップラーメン3種類を週末に食べました。

評価:しょうゆ、カレー、シーフードとも、スープが薄くて塩辛い。量少なめ。
結論:これなら88円のTopValuにするかな。

何事にも限界価格があると思い知った次第です。

その一方で2軒先のセブンイレブンでは、日清の同サイズのカップ麺が176円で売っています。

その多様な選択の自由、そしてリスクのオープン化がされているというのは、
生活が豊かだという事なんでしょうね。コモディティ万歳!

ニュースも同様にネットのおかげで色々選べるようになったのは、
やはり生活が豊かになったという事なんでしょうね。

で、新聞はどこを狙うかという事なんですが、さて。

※佐賀の麺ブロガーひしわんこさんがやっている「さがの日々」では、各種カップ麺のレビューが掲載されています。
[PR]
by nekotekikaku | 2010-02-15 11:36 | @日常屋
<< 「つたえびと2」という本を作り... ソーシャルメディア革命(日本語... >>