iPad登場
b0020765_16542450.jpgいわゆるでっかいiPodtouch、もしくは10年進化したエアボード?

噂のAppleのタブレットマシン「iPad」が未明に発表されました。日本での発売はWi-Fi版は3月下旬、3G対応版は6月以降※修正:Wi-Fi版は3月末、3G対応版は4月。
機能で言えばFlashなし、カメラなし、電話なし、マルチスレッドなし...と書くとあまりすごくないですね。
でもこのiPadのすごいところは

●予想を超えた安さ 499ドルから
2年半前iPhoneが発表になった時に、4GBで499ドルからでした。電子書籍端末のAmazonのKindleDXが489ドルですので、大抵の予想サイトが700〜1000ドル近辺を予想していました。でも、それはパソコンと考えての価格。家電として捉えれば、個人所有の家電(例えばゲームとか)が5万円を超える事はないですよね。iPadはパソコンをリプレースするものではなく、情報家電なんだという明快なメッセージのためには500ドルの壁は越えなくてはならなかったはず。〜5万円の客と〜10万円の客は価格に対するシビアさが違いますので、ガチでkindleとやり合う価格の上限は必然的にココ。

●自在な戦略のために 独自チップ採用
こういう革新的デバイスづくりのためには、PS3のCellのように特化したチップ開発が欠かせません。Appleが買収したP.A. Semiconductorの成果「Apple A4」チップはHD動画を最大10時間見られる、ION/Tegraには真似出来ない省電力&高性能。これがなければ正直微妙なデバイスだったはず。それを自社開発出来る環境になったという事は、新聞で言えば輪転機自社開発しました、と同じ意味。そういえばPowerPCで痛い目も見ていますし、ね。今後Appleの情報家電戦略にあわせたチップ開発が出来るとなれば、汎用品を使わざるを得ない競合他者にとって何にも替えがたい恐怖だと思います。電子教科書など教育目的での導入でも、10時間駆動は絶対的なアドバンテージになりそう。クロサカタツヤさんの意見に全くの同意です。

●教育とバイラルに効く iWorkに最適化
案外重要じゃないかなと思うのが、iWorkへの完全対応。セミナー講師がMacBookでプレゼンする事で、暗闇に浮かび上がるリンゴマークで聴衆を洗脳してきたApple。iPadによるプレゼンスタイルってカッコいいし、この1.2年はその場で話題に出来ますよ。実際私も出たてのiPodPhotoで社長プレゼンして、面白がられて企画が通った事があります。ヒマナイヌさんも書いているように、教育現場では電子教科書でノート取ったり、動画で学びながら、それを使って研究発表。完璧なパッケージです。あとは筐体にマッチするスマートな無線ディスプレーシステムが出来ればいいのですが。

●手元開発資産が生かせる iPadアプリとiBook
過去の資産が生かせるのがiPadアプリの魅力。今年後半登場するSDKがどうなるか分からないKindleAPPより、開発者はiPadアプリ開発に力を入れるでしょう。そしてKindle独自のMOBI形式と違い、Nook,Readerなども採用しているオープンなePub形式を採用するiBook。開発者を増やす事はエコシステム維持のために欠かせません。電子新聞に課金しようが、115円アプリがあふれようが、印税70%時代に突入しようが、AppleはiTunes Storeに開発する人とユーザーがいさえすれば、iPadを売ればいいだけなんですから。

Appleがパソコン屋から家電屋にじわりとシフトして来ましたよ。次あたりAppleTVが本当のテレビとしてヤマダ電機に並ぶんじゃないでしょうか!?
どこか電子新聞作って年間契約の人にiPad無料で配りましょうよー。まず私が契約しますよ。
新聞、出版、テレビ、ラジオの業界の皆さん! さあ、iPadにのるか?そるか?


追記:日本語のページが出来ましたね。http://www.apple.com/jp/ipad/
また、発売日が記されてます。
* Wi-Fiモデルは3月末発売。
* 3Gモデルは4月発売。
[PR]
by nekotekikaku | 2010-01-28 20:19 | @デザイン屋
<< ソーシャルメディア革命(日本語... Appleの新デバイスいよいよ登場! >>