電通赤字?
408億って、輪転機が10台は買えますよ。

電通:新たに408億円の特別損失 最終赤字の可能性も - 毎日jp(毎日新聞)

うち377億円が株評価損だったり、本業は黒字だったりと案外底堅いわけですが、天下の電通にして「赤字」の2文字は新聞界にとっては激震です。電通赤字転落が与えるインパクト。で言われている通り。その昔いわゆる「ケツの穴を見せ合い」「電通呑みと称して靴酒靴下酒をあおった」人たちが、いまやレガシィメディア経営のトップ級なわけですから
「電通が最後は、力技で救ってくれる!!!」
「電通が、政府の広報予算をぶちこんでくれる!!!」
「営業は気合いだ!!!」
という以外に有効な手だてを打てないのも仕方ないのかもしれません。それでも明るい老後が待ってるってのは実にいい世代です。おめでとうございます。

どうせこの不況の中広告売れないんですから、不動産のように段単価を投げ売りしたり、自分で使いもしないネットを免罪符にしたりとジタバタせずに、自メディアの強みと弱み、機会と脅威を問い直すいい機会だと思いますよ。味方だと思っていたものが実は脅威だったり、その逆だったり。まず「紙中心の」「ネットを軸にした」と軽く言わないだけで可能性は広がるはずなんですけどねぇ。
[PR]
by nekotekikaku | 2009-04-09 21:22 | @新聞屋
<< シニアが熱い 携帯小説コース >>