決戦の決算セール!
b0020765_22264431.jpg電機大手メーカー各社が軒並み売り上げの下方修正をする中、小売りでは年度末決算セールが花盛り。卒業ニーズに限って言えば、売上を滑り込ませるにはこの週末あたりがラストチャンス。メーカーとしても売れ残った型落ち品をここでさばいて新製品春モデルを売り込みたいのか、チラシには同じ製品が目玉商品として同じ値段で踊っています。金、土の大型電器店の朝は、他の人より早く!1円でも安く!そんな他店チラシを握りしめたおいちゃんオバチャンたちの熱気で、さながら鉄火場の様相を呈しています。

そんな時期にうちの息子の卒園式に出張が重なり、急遽ビデオカメラが必要になってしまいました。全くもって動画に興味が無いところに、ビデオカメラの種類が多くて分かんねーです。うちのテレビはまあるいブラウン管。ブルーレイもハイビジョンも要らないので、ひたすら安くて映ればいいんですけどね。でもテープだと息子の晴れ姿の見過ぎで擦り切れちゃうから、ハードディスクがいいのかな?嫁さんが撮るから軽くて簡単なのがいいし...いつもはうざいチラシを穴があくほど見てる自分がいるあたり「広告は必要ない人には雑音だが、必要な人には情報なんだ!」という営業さんのキメゼリフはあながち間違っていませんよ。

でもそこで重要なのは店員さんの説明能力。カタログ突き合わせてスペック比較してる店員からは買いたくありませんね。そんなのネットで調べられるし、Amazonの方が気が利いてます。急に物入りになった人って、自分のニーズなんか把握できてませんから「大型バッテリーがあると便利」とか「ジジババに配るならパソコンでDVD焼けば手軽」とか、世間話の合間に自分の先々のニーズに合いそうものを勧めてくれると、目玉商品より少し高いのに手を出しちゃうのになぜか満足感。なので生活シーンへの洞察力と、商品理解力とがうまく教育されてる店に他店のチラシを持ち込んで買う、というのが一番いい買い物ができそうです。また、そう言う店は得てしてアフターサービスも無理を聞いてくれたりするもんです。要は最後は値段やスペックじゃなくて人ですよってこと。御社は人材育成に投資してますか?

とにかく明日は決戦の金曜日〜♪
後で何度も見て「あんなに小さかった息子がこんなに立派になって...」と滝の涙を流すためにも、父ちゃん朝からチラシ握りしめて目玉商品ゲットだぜ!

追記:今日はヤマダ、ベストともチラシが入ってなかった様子。直前まで値段を知られたくない=出血大特価と見た!
[PR]
by nekotekikaku | 2009-02-26 22:24 | @日常屋
<< 由布岳 iPhoneがタダ! >>