電通「2008年日本の広告費」
みなさんお待ちかねの電通「2008年日本の広告費」が出ましたよ。
記事はこちら。Excite by 共同通信: 広告費5年ぶり減少 ネット拡大、初の1割台

全体の日本の広告費はオリンピックも及ばず6兆6926億円で対前年比4.7%減。世界的不況などの景気減退で5年ぶりの減少。
媒体別では
テレビ -4.4%
新聞 -12.5%
雑誌 -11.1%
ラジオ -7.3%
インターネット +16.3%
4マスでも特に新聞広告費の落ち込みが激しく、雑誌とともに47年の調査開始以来、過去最大の減少率を記録。種類別では地方紙に比べ、全国紙、スポーツ紙が低調。
折込も-6.0%で2年連続減。分類されているプロモーションメディア広告費全体でも5年ぶりに減少。
一方ネット広告はモバイルが+47%、検索連動型広告+22.9%と拡大した。
最後のグラフを見て分かる通り、来年には新聞広告がインターネット広告に追い越されそうな勢いです。

新聞売るために企画立ててもダメだから。といってネット事業や動画に注力すれば治療できるほど病巣は浅くない。お客さんは何すれば喜ぶのか、あるべき幸せのカタチは?真摯に耳を傾け、その実現のために自分を変えられるか否か。という部分は営業も記者もさして変わらないと思うんですけどね。まだ「新聞に載る」ということが喜ばれているうちに、新聞製造業から幸福あっせん業へ業種転換したいところですね。

そんなときに朝日新聞が4億円の所得隠し 。カラ出張や取材費の過大請求などで。残念です。 記事下の関連記事もヒドい。
[PR]
by nekotekikaku | 2009-02-23 22:07 | @新聞屋
<< ネットレイティングスの月例レポ My PhoneとGoogle... >>