産経新聞・毎日新聞の窮乏
と私が言ってるわけじゃないですよ...。東洋経済オンラインに産経新聞・毎日新聞の窮乏、単独での生き残りはもはや限界と載っています。毎日にも産経にも知り合いがたくさんいますので、処遇など正直気になるところです。

いっそ儲からない地方から手を引いて取材拠点だけにし、通信社として格安で全国ネタを配信すれば、共同や時事から乗り換える社もあるかも。毎日や産経は案外科学ものなど読み物が歯ごたえがありますので、地方紙としても特定コンテンツ買いで紙面に厚みを出しやすくなるかも知れません。紙面まるごと無料でいいなら、紙を配らない替わりにiPhone配るという手もありますよ。Kindle2の出来もすこぶる良さげですし、米国では既に始まっている電子新聞オンリー新聞社というのはカッコいい響きですね。

くしくもネットに積極的なのもこの2社。この苦境だからこそ、思いもよらないウルトラCで、新しい新聞のカタチを提示してくれるような気がしています。
[PR]
by nekotekikaku | 2009-02-12 23:08 | @新聞屋
<< あらたにすiPhoneアプリ 薄く格好良くなったKindle2 >>