多次元デスクトップ
b0020765_11215716.jpg
APPLE LINKAGEによれば、Appleが「多次元デスクトップ」「多次元アプリケーション環境」の特許を出願したとのこと。OS10.5ではTimemacineなんかで疑似3Dはありましたが、今回はウィンドウやらアプリやらに座標軸を持たせるものになりそう。基本は平面の重層化のようですから、ポインティングデバイスはマウスで十分なんでしょうが、これが自由に飛びだしたら、3Dマウスやヘッドマウントディスプレイ+グローブで箱の中に手を突っ込む感じになるかも!? まさに映画「マイノリティ・レポート」の世界。だんだんOSレベルで電脳メガネな世界になりつつありますね。
[PR]
by nekotekikaku | 2008-12-12 11:35 | @デザイン屋
<< 産経新聞がそのまま見られるiP... 佐賀のベストラーメンは? >>